Doxies!!

ナギバジサンクブルーの幸せを探しながら・・・

悪性リンパ腫

6月末に書いて、なかなか投稿できずに下書きに入れていたけど、そのまま放置しておくわけにもいかないので公開します。

=====

ナギ(11歳11か月)、なかなか良くならない口唇炎を詳しく調べてもらったところ、皮膚型の悪性リンパ腫でした。

皮膚型はとても珍しいらしく、判明するまでに4人の先生に診てもらいましたが、全員「口内炎から来る口唇炎」という診断で、抗生剤を飲んで良くなっては再発し、の繰り返しで治療中でした。

それくらい、口唇炎と見分けがつき難いみたい。ナギヲの場合は口の粘膜に症状が出たけれど、皮膚に出た場合は皮膚炎と診断されることが多いよう。

=====

そんな訳で、皮膚型の場合は皮膚炎や口唇炎の治療を続けてもなかなか良くならずに、おかしいぞ?と詳しく調べて判明することが多いらしいけど、ナギヲの場合は、ほ~ちゃんと会った際に「これ大丈夫なの?」と気にかけてくれたことで、私とKさんももう少し詳しく診てもらおうという気持ちになり、検査してもらう事ができました。

結果はよい結果ではなかったけれど、早く気付かせてくれ、早く病気判明の機会を与えてくれたほ~ちゃんには本当に感謝です。ありがとう!

f:id:mizu2:20190628082557j:plain

 今は、1週間ステロイドと抗生剤を飲んで、見た目の状態は一気に良くなり、上の写真はステロイドを飲む直前の写真で、口が少し赤見を帯びているのが分かるけど、今現在はだいぶピンクになり、炎症も引いている状態。

このまま少しずつ薬を減らしながら、状態を見つつ継続していく予定。

=====

リンパ腫なので、完治は期待していないし、一気に悪化する可能性も覚悟しているし、今の良い状態が長くは続かないかもしれないということも分かっているつもり。

ただ、今は、今まで通り、少しでも長い間ナギヲと楽しく過ごしていきたいと思っていて、しばらくはノー天気なことばかり言っていて、んん?と思われることもあるかもしれませんが、あまり責めずにいてもらえたら嬉しいです。

ツライと言っていなくても、大変と言っていなくても、悲しいと言っていなくても、それはもしかしたら「ただここに書いていないだけ」かもしれないと思って頂けたら。

何か思うこともあるかもしれませんが、私もナギヲもKさんもバジサンブも頑張るので、「何も考えてないようにしか見えないけど、多分彼らなりに一生懸命なのだろう」と思ってもらえたら嬉しいです。

ノー天気だね(という意味の)とDM送るくらいなら、え~理解できな~い!と心の中で呟いて、無言で去って行ってくださる方が私が凹まずに済むので、ありがたいです。私の知らないとこでどう思われても平気だけど、直接言われると凹む。(←ジンの時に凹んで、そのまま2年近く引きずってるマンだったりする。執念深い私だ)

=====

しばらくは、週一ペースで病院通いかな。どっちにしても、バジサンクの薬で毎月通ってるし、各種予防もまとめて行くと大変だから、バラバラで行ったりして、なんだかんだでこの10数年間は常連のようにいつも待合室にいる感じだから、特別何かが変わるわけではないね。

=====

5月の血液検査の結果が本当に良好で、バジルよりもずっと健康優良児だったし、今も見た目は普通、食欲も元気もあって、私は今でもまだ少し受け止め切れてないんだけど、でも、受け止めないと後悔することになると知っているので、 受け止めます。

この先のことを考えるのも本当に嫌なんだけど、ナギヲの苦痛を最小限にすることを目標というか、一番に考えるようにしようと今は思っています。

=====

もし、しばらく治療してもなかなか良くならない皮膚炎や口の炎症があったら、細胞の検査はとても簡単なので、見てもらっても絶対に損ではないと、私は学習しました。

なにも知らずに過ごす1日1日と、覚悟を決めて過ごす1日1日は違うと思うので。

 

・・・支離滅裂風味だけど、今の私の心の中は、まんまこんな感じ。

でも、どんな風に生きても同じ一生なのだから、なるべく、可能な限り、楽しくありたいよね。という気持ちは変わらない。

長さではなくて。

それは、人でも犬でも同じだと思いたい。私自身がこうでありたい、こうはして欲しくないと思う事を、ナギヲも望んでいると信じて、私の価値観グリグリ押し付けちゃうぞぅ。と、思っているのです。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ