Doxies!!

ナギバジサンクの幸せを探しながら・・・

五宝の滝見て来たよのバジルと体調備忘録

かねてから私が行きたいと言っていた五宝の滝へ連れて行ってくれたんだけど、高低差がすご過ぎて、高所恐怖症のKさん、まさかの三の滝で脱落。

私とバジルだけでその先へ進み、二の滝綺麗だわ~♪これは絶対に一番上の滝も見たい!と思ったら、道が恐ろしく狭くて急。コレ、バジを連れて登るの危ない;;と、私もココで諦めざるを得ない事に~~(号泣)

次回、私一人で登って見てくるんで、Kさんはバジ達と三の滝付近で待機していてください。(でも「あんな怖い所もう行きたくない」とか言ってるので、連れて行ってもらえるかビミョ~w夏と秋は虫がいそうだから、冬か、また来年の春頃連れて行って欲しいなぁ~~~。来年の誕生日プレゼントは、五宝の滝ツアーで!!もう無理かなぁ~~(笑))

f:id:mizu2:20180606195613j:plain

 

山を歩いたので、変な虫が付いてないか、チェックされる事になったバジ。

f:id:mizu2:20180606195614j:plain

 

その前にンコまとめて~♪

バジは頑固でワガママちゃんではあるけれど、私の事が大好きなのよね♡

f:id:mizu2:20180606195615j:plain

 

身体チェックした後「トイレ行くからバジをキャブに入れといて~」とKさんに頼んだんだけど、入れたらキャブの中からバジに唸られたそうでw「いつも僕が嫌なこと(キャブに入れるとかね)するから、嫌われてる気がする!もうバジをキャブに入れたくない!次からバジはミズミズが入れて!!」って凹んでたw笑える~~~≧▽≦

f:id:mizu2:20180606195616j:plain

 

「なんだよぉ~何撮ってんだよぉ~~コッチ見んなよぉ~~~」の、顔(笑)

f:id:mizu2:20180606195617j:plain

 

三の滝でこの綺麗さでした♪

f:id:mizu2:20180606200524j:plain

 

三の滝から離れようとしないKさんを、私が上からiPhoneで撮ったVer.。右下のバナナみたいなのがKさん。

f:id:mizu2:20180521084442j:image

(5/19)

 

=== 

ここからは独り言&備忘録&長いので読んでも楽しくないかも~。

***

そして、バジルの肝臓の血液検査結果は、三週間で30ほど上がっていて、おやまぁ困った。という事で、ウルソ1ヶ月分(50mgを1日2回。¥100/日)出してもらった、これを飲んで3週間後に再検査です。

肝臓GPT(10-100)

5/12:128←前回、初めての検査結果

6/2:162←最新

おやまぁ、だったので、エコーもしてもらったけど、エコーは綺麗だった。たまたま患者さんが少なかったからなのか、腎臓や胆のうだったかな?他にも色々見せてくれ、説明してくれて、この段階で何か写ったら問題有り有りな状態だけど、とりあえずは綺麗、という事が分かり少しだけホッと。 

 

私はドMなので(って関係ないかw)、多少キツくてもハッキリ言ってくれる先生は結構好き。

ハッキリ言ってくれるから、私もハッキリ言えるっていう面があって、中途半端に優しい先生だと、なぜかコッチもハッキリ言い辛い気持ちになってくるから不思議だ。(私の場合は、ね)

そうそう、これも全然関係ないけど、私の信条として「病院でナギヲ達の前では全力で明るくしてる」ことを心掛けていて、それは、病院のコトも先生のコトもあんまり好きじゃないナギヲ達に、せめて彼らが信じているであろう私だけは「怖くないよ」「大丈夫だよ」という事を発信してあげていたいから、なんだけど。

おかげで、過去何度も「軽く見てはいけません」「笑いごとではありません」と叱られている~(笑)

うっさいなぁ!そんなの先生より私の方がよっぽど深刻に受け止めてる!っちゅーの(怒)私だって泣きたいわ!!と毎回内心ではムッとしてるんだけど、とにかくナギヲ達の前でうろたえたりしたくないので、頑張っているのだよ~。

それが正解かどうかなんて知らないけど(笑)

私がそうしたいからしてる。

 

それでも、ジンとふたりで診察室で点滴が終わるのを待っていた時の私は、だいぶションボリしていたなぁ・・・と思う。ジンに悪かったな・・・と今でもずっと思ってる。

 

正解なんてないけれど、私は後でなるべく自分が後悔しないよう、常日頃から些細なコトでも気を付けたい事は気を付けてるし、どうでもいい事はとことん適当だ。

ただ、どれも全部自分基準。誰かと比べて優劣つけてるわけじゃないので、もしこれを読んでしまって、「あの時先生に告知されて号泣してしまった!」とか、そのような事を、もしももしも私が否定しているように感じられた方がいらっしゃったら、そうではないので、それだけは伝わりますように・・・。

そうではないのです。

正解なんてないのです。

私は、私自身と話し合って、私の価値観を私のためだけに決め付けて、私に課しているだけなのです。

それでも。誰かが病気になったら、病院への長い道のりを、また泣きながら通うのかもしれない。

そうではなく、次は明るく振る舞えるのかもしれない。

私は、どうせ全ての命はいつか消えて無くなってしまうのだから、なるべくなら、最期の最期のギリギリまで少しでもお互い楽しくいられたらいいな、笑っていられたらいいな。苦しくなかったら最高だな!と、思ってる。

 

笑って生きても、泣いて生きても、怒って生きても、同じ一生なのだから。(コレ、IGの敬愛しているおと~ちゃんの言葉。初めて目にした瞬間から、私の座右の銘になった^^)

できるかできないかは別、だけどね~≧▽≦心掛けるのは自由だよね~♪

 

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ